ビジネスコミュニケーションに役立つ「了解を得る」の正しい使い方と注意点

※本ページはプロモーションが含まれています

\50秒で読めます/

• はじめに

• 「了承を得る」 と「了承」との違い

• 「了承を得る」 と「承諾」の違い

• 「了承を得る」の具体的な使用場面

• 「了承を得る」の注意点とマナー

• まとめ

くしゃくしゃに袋詰め出来て楽ちん。 省スペースで手軽に持ち運べる。 その分、無くしやすい。口コミ
¥2,300 (2024/03/26 18:46時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
目次

ビジネスコミュニケーションに役立つ「了解を得る」はじめに

はじめに 「了承を得る」とは何でしょうか?はい、ビジネスコミュニケーションにおいて超重要なフレーズです。もっと説明が欲しい?了解です!「了承を得る」とは、相手から同意や理解を得ることを意味するんですよ。この魔法の言葉により、ビジネスでスムーズな関係を築くことができます。では、「了承を得る」の正しい読み方は何でしょうか?答えは、「りょうしょうをえる」です。見ての通り、なんとも美しい言葉ですね。さて、なぜこの言葉がビジネスコミュニケーションにおいて重要なのでしょうか?それは、人間関係や組織の中での調和を保ち、効率的に仕事を進めるためです。皆さんも、言葉に気をつけて円滑なコミュニケーションを心がけましょう。このブログでは、先ほどの疑問からさらに突っ込んだ話題まで、楽しくお伝えしますので、どうぞお楽しみください。ちょっとだけお教室っぽい?そうですね。ただ、ここはやっぱり笑ってコミュニケーション力をアップさせましょう!

「了承を得る」 と「了承」との違い

「了承を得る」と「了承」、この二つ、同じようですが、実は明確な違いがございますよ。ます、「了承を得る」は、文字通り相手から確認や同意をGETするという行為を指します。一方、「了承」はもっと一般的な意味で、物事を認識し、その状況を理解し納得することを指しす。簡単に言うと、「了承を得る」は他人に対する行動、「了承」は自己への行動、なんですね。 それでは具体例をご覧ください。「了承を得る」は、例えばプロジェクトの変更を提案する際、その変更を上司に説明し了承を得る、となります。一方、「了承」は、上司から変更の指示が出され、その指示を理解し納得した状態を示します。 さて、これらの表現をいつ使うべきでしょうか?要は相手との関係や状況によります。「了承を得る」は主に他人に何かを認識してもらう必要がある時に使います。もし上司にプラン変更を説明し、その変更を認めてもらう必要がある場合、「了承を得る」。反対に自分自身が何かを認識して納得する状況では「了承」がおすすめです。 さて、これらの違い、皆さま把握できましたか?なんとなくで使っていた「了承を得る」と「了承」、これからは更に適切に使いこなせることでしょう。ビジネスコミュニケーションのアップへの一歩、踏み出しましたね!

かなり大きくて、しっかりした折り畳み傘です。大きい分重さはありますが、大学生の息子用なので気にならないようです。驚くほどの割引額でした。見つけてよかったです。口コミ
¥2,279 (2024/04/03 12:12時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
かなり大きくて、しっかりした折り畳み傘です。大きい分重さはありますが、大学生の息子用なので気にならないようです。驚くほどの割引額でした。見つけてよかったです。口コミ
¥2,279 (2024/04/03 12:12時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

「了承を得る」 と「承諾」の違い

「了承を得る」って言っても、そもそも「承諾」って何でしょうか?はい、そうですね、一見似ているけどちょっと違いますね。実は、「了承」は相手が自分の意見や考えを認識し、それを理解した場合に使います。一方、「承諾」は、ただ単に了承しただけでなく、その内容に対して同意や許可を与えたときに使用します。 具体的な例を挙げましょう。上司に仕事の進行状況を報告するとき、「了承」を使います。しかし、その上司が新しいプロジェクトを始める許可を出すとき、「承諾」を使います。ややこしいですが、一度に考えてしまうとすぐに頭の中で混乱してしまいますね。 そして最後に、どちらの表現をいつ使うべきかという問題ですが、その答えは「状況次第」です。一般的に、「了承」は説明や報告の場面で使われ、「承諾」は許可を与える場面で使われます。だからといって、このルールに固執する必要はありません。ビジネスの世界ではフレキシブルさも重要なスキルなので、少々の表現のずれなど気にしないでガンガン進んでいきましょう。 というわけで、疑問はすべて解決したでしょうか?いえいえ、これだけじゃ十分ではありませんよね。そこで次に、具体的な使用場面について探ってみましょう。

「了承を得る」の具体的な使用場面

あなたが学校や地域活動において「了承を得る」フレーズを使った経験はありますか? 例えば、学校祭の計画を立てている時、全員が同意するシナリオを想像してみてください。理想的な田舎の祭りに花火を打ち上げることを提案した時、「了承を得る」ことは最後の花火ショーを成功させる鍵となるでしょう。なぜなら、そこで消防署長と地元の農業協同組合長の了承を得てからでないと始まらないからです。 次のビジネスシーンでは「了承を得る」が朝のコーヒーブレイクと同じくらい頻繁に登場します。「田中さん、棚卸しの調整をお願いできますか?」といった要求をしたとき、田中さんからの了承を得ることが必要です。さもなければ販売の遅延やお客様の喜びの失速を招く可能性もあります。ちょっと惨めな残念な結果ですね。 最後に日常生活。あなたが友達との週末のハイキング計画を立てたとき、「了承を得る」フレーズが散歩する犬のように尾行します。ちょっと笑ってください、これは冗談です。「そうだね、両親からの了承を得れば、私の車で行けるよ」、「早朝の散歩は私の犬が起きるのが早すぎるから問題ないよ」。これら全てのシナリオの核心は、「了承を得る」が私たちの日常生活を円滑に進め、トラブルを回避するためのコミュニケーションツールとなることです。 かなり便利なツールだと思いませんか?

市場の状況に応じて、タイムセール中又はタイムセール後に価格が減額されたり、タイムセール後にタイムセール価格が維持されることがあります。

「了承を得る」の注意点とマナー

「了承を得る」のタイミングが重要となってきます。似たような場面で何度も了承を求めると、逆に相手をイラッとさせてしまう可能性もあります。「了承を得る」と一口に言っても、重大な決定を前にした時や相手の意見が必要となるような状況で使うようにしましょう。基本のマナーを忘れずに!年賀状を出して人に気を使わせていた石田が言うには、「了承を得る」の際に相手を尊重し、自分の意見を押し付けないようにすることが大切だと言います。 口語表現として、「了承を得る」を使いこなすためには、例文や実際の会話から学び、自然な会話に馴染むような表現を身につけることが大切です。「了承を得る」という慣用句が持つ力とは、共感を引き出し、理解を促進することです。 えぇっ、それってあなたが私に話すために相手の了承を得たってことよね?なんて風に使ってみたりとか。敬意を持って相手の意見を尊重することは、ビジネスコミュニケーションにおいても非常に重要ですし、ついでに言うと今の社会では当然のことだと思います。 これだけお話してきて、「了承を得る」のタイミングやマナーがバッチリ身についたあなた、素晴らしい!わたしも見習わないとな。というか、あなたが説明しに来てくれたら教育テレビ番組も救われそうですよ、笑。

ビジネスコミュニケーションに役立つ「了解を得る」まとめ

ビジネスコミュニケーションにおいて、「了承を得る」の重要性をこれまで幾度となく強調してきました。うん、どう見てもこれは「了承を得る」への完全なファンレターになっているね。だって本当に大事なんだもん!ビジネスシーンでは、一見小さな言葉一つが大きな影響を及ぼすこともあるんだから。 では、ここで重要ポイントを再度整理しましょう。すまない、これが最終チェックリストなんだ。「了承を得る」とは具体的に何を指すのか、そしてそれがいつ、どのように使われるべきなのか。アリバイ作りじゃないよ、もう一度確認することで頭にしっかりとインプットするんだ。 最後に、そして最も重要なポイントに触れておこう。「了承を得る」の真の価値は、ビジネスコミュニケーションにおける役割にある。つまり、相手の理解と同意を得るための重要なツールなんだ。そうなんだ、それはまるでスーパーパワーのようなものだ。だから「了承を得る」マスターになろうじゃないか。「了承を得る」のスキルを手に入れたら、ビジネスコミュニケーションの道はきっとスムーズになるさ。 ここまで読んでくれてありがとう。そして不思議とまた会いたくなるような憎めない魅力を感じてくれたことを願っているよ。さて、それではまた次回、「了承を得る」の世界で会おう!

AIによる要約です

了承を得る」のフレーズが重要。相手から同意や理解を得るということを指し、スムーズな人間関係を築くために不可欠。「了承を得る」は、他人に対する行動を取り、確認や同意を増やす。一方、「了承」は自己の認識と理解に対する行動を表す。「承諾」は、相手の認識と理解だけでなく、その内容に対する同意や許可を意味する。円滑なコミュニケーションを行うためには適切な場面で適切なフレーズを用いることが鍵。ただし、了承を何度も求めすぎると逆効果になることもあるため、使用のタイミングに注意が必要。これらの知識を使いこなすことで、ビジネスコミュニケーションのスキルが向上する。

市場の状況に応じて、タイムセール中又はタイムセール後に価格が減額されたり、タイムセール後にタイムセール価格が維持されることがあります。
セール時期をお見逃しなく(^_^)/
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
目次